負け犬目前の奮闘記。来年、半年後の今頃はどうなっているんだろう?そんな事を思いながら日々つづっています。


by dita_lisa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ふひゃふひゃ

今日は実は、早く目が覚めた。
彼にお別れを言うかと思ったけど、泣いてしまうかも、、、と思いやめました。
お手紙は、ちゃんと持っていってくれたみたい。

朝から「私はうつか?!」ゆーくらい気分がさえない。きゅーんって、ほんま失恋の後みたい。
だいぶ前で忘れたけど、
(もうえーってか?!)
いやねーほんと

教室に入るとアレンが「理紗が来たからクラスが明るくなったよー」と、言ってくれました
なんか頭にあんまり入らない。ま、しゃーへんなー
早口言葉みたいやねんもん
ゲームもあんまり盛り上がらず、なんか淋しい。

授業終わりに、お買い物をするためポリゴンへ。
途中、ゆみかちゃんにばったり出会い。
お茶しよと言いながら、結局ランチ。
オードリーオススメだったんだ~ん
なかなかおいしいカフェでした。
ランチの時に、「りささんは、添乗員もいいけど、日本語教える仕事もいいんじゃない?」と言われ、「うん、ありやな。うん」
私、日本人相手より、外人相手の方が本当の自分に思えるんだ~
癒しの館を作る計画もあるけど、外人、特にヨーロッパ人相手の仕事したいなーと、改めて思う私。

その後前に行った、Bioオイルやさんへ
彼女覚えていてくれたんだー私の事
ココの店員さんがほんとにラブリーで、こういう人がヨーロッパには多いからこそ、ヨーロッパの言葉を勉強したい!って思わせてくれるラブリーな人

「これ日本語でなんていうの?」っていうから教えてたら、
「ほんと言葉って面白い!誰が、《怒る》っていう頭で考える感情を《怒る》って一番最初に言ったんだろうっておもわない?ほんと不思議!《Hi》にしたって、どうして、《あ、この人挨拶してるんだ》ってわかるんだろうってね!」
ほんと、ごもっとも!
口から出る音なんて限られてるのに、それを順番変えていろんな国の言葉になってるんだもん。

英語を勉強したときより、断然今のほうがそんな風に思うし、それに、《目は口ほどに物を言う》っていうのも、昔の人はよーわかってはるなーって感心する!
色々説明してもらいちょーラブリーなオイルをゲット致しました。
バラのオイルって高いんだねー知らなかった。
でも最高でした。

その後、お家に戻り最後のプライベートレッスンへ

プレゼントと、ラブレターをオードリーに渡す。

今の切なさを説明したりする。
「だいぶ、ほんとやっと《あ、これが動詞だな》とか、単語わからなくても、ひらえるようになったのにー」と、
「いやいや、随分よくなったじゃない。はじめは、全く。ほんまに、ゼロだったんだから」
と、今日は、色々お話して終了。


なんか、皆、お別れがあっさりしてるのが正直さみしいんだろうなー
2ヶ月前は、お別れがさみしかったけど、物凄く皆が近く感じられて、「ほんとに、四週間の付き合い?」みたいな感じやったのよねー

そう思った私は、ジェラルドとジャンカルロにメールをする。
「明後日帰るのーいやなのー」って内容
そしたら、ジャンカルロからは、「残りの日を楽しまなきゃいけないよ!OK!」とメールが来て、ジェラルドからは電話がかかってきた。
少し、彼と話をしたらとても気持ちが落ち着いた。
「りさ、今はフラ語だけで僕達話してるよ!すごいじゃない!」と、
内容はたいしたことなかったけど、今思ってた淋しさは、馬鹿げてたって事を気付かせてくれた。
「有難う。なんかねー淋しかったんだー皆いなくてさ~」というと、「新しく友達来ただろ?あー僕達とは違うんだ!」「そ!全然違うの!」と、
「来週僕お誕生日なんだーだから、りさチューリッヒに来てよ!」
と、私がちと落ち込んでるのを汲み取ってくれる。
有り難い。
こんな素敵な出会いがあり、まだ続いてる事に感謝しなきゃ!
大事にしていこう!って改めて思ったわけです。

彼らのおかげで私のモヤモヤはなくなり、これから眠ります。

良い夢みれますよーに!

ありがとうございまーす
[PR]
by dita_lisa | 2008-05-30 05:27