負け犬目前の奮闘記。来年、半年後の今頃はどうなっているんだろう?そんな事を思いながら日々つづっています。


by dita_lisa

<   2006年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

さむいよー

今日はホンマに寒いねー
なんなんだ??


なんて感じで朝起きて、早速今日は京都の病院へ。

いわゆる
『セカンドオピニオン』
とやらを聞きにいくのです。

エコーをあてたり、触診したりして、
やっぱりそうですね。って事になる。

『摘出するのがベストでしょう。片方ね』との事。

でももう片方は、どうも炎症しているらしい。
あーどうりで首が苦しかったわけだ。

いい事も聞いた。

『若いし、傷が残りたくなければ、急がなくてもいいよ、
僕の知ってる患者さんで30年置きっぱなしにしていて、
手術した人もいるし。あなたのは僕達から見たら
良性の腫瘍みたいなものなんだからね。』


との事。

『でもいつかはとらないとダメなんでしょ?』

『うん。みつかったら僕たちは手術を勧めるよ。
でもこれは進行もほとんどしないし、娘さんだからね。
ただ、君の場合は、病気のランクが5段階で言えば、4なんだよ』

『早くやってしまったほうがいいんですよね?若い方が体力もあるし、
快復もはやいかなぁってそれに、どうしても摘出しなきゃいけない時に
妊娠しててもいややな~とかも考えて、
傷口も早くにした方が目立ちにくいかな~とか、、、』
と思ってる事を全部言ってみる。

『ま、傷口が無くなる事はないけど、今はホントにうまくいくし、
若い時にする方が良いに決まってるよ、体力もあるしね。
今やる気なら、それが一番だよ。簡単な手術だしね。心配ないよ』

との事。


セカンドオピニオンを聞くのってあんまり乗り気じゃなかったけど、
小さな病院って事もあって、色々話をゆっくり聞けてよかった。

その後、ブライトンホテルへ行って
櫻御前を頂く。
京都の和食っておいしいー

櫻の枝を貰ってご機嫌♪

その後、おばあちゃんの家行ったり、お母さんの友達の家に行ったりして
ウロウロしながらかえる。


高速に乗った時。
『あ、ガソリンがない!!!』
出発からエンプティーがついてたのにGSにいってなかったのだ!!
大変!!

そんなこんなで、ドキドキしながら渋滞中の高速道路を走る。
何とか近所のインターまでいてスグにGSへ!

ふ~すいませんが、、、千円だけ、、、

千円入れてもらったら、
なんと、まだエンプティーランプが消えませーん!!なんして!!

おおわらいしながら、お家に帰りました。

さ、お風呂入って寝るか!!
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-31 22:31
今日は、朝から病院へ。
絶食状態で『CT』

ぼーとまって診察へ。

『では、服脱いで、このセーターだけ羽織って出てきてください。」

といわれた。

『はい。』

ってなことで、セーターだけになって台に座る。

ほいだら、男のお医者さんがスグユーターンして部屋にもどっていく。

『あの、ズボンは履いてていいですから、、、』

あ、すいません。。。

体全部ぬがなアカンって思ってたもんで、しっけいしっけい!

台に寝転んで、大きな写真機みたいな機械に寝転ぶ
「イキヲトメテクダサイ、ラクニシテクダサイ」

これを3、4回繰り返す。

その後造影剤を注射する。
『気持悪くなったら言って下さい。からだがあつーくなってきますからね~』

ほんまにじゅわぁ~ってかんじで暖かくなる。

また
「イキヲトメテクダサイ、ラクニシテクダサイ」
をやって、終了。

気持悪くなったらいつでもまた病院に来て下さい。

っていわれたけど、なんか気持ちよくわないな~

って感じで病院を後にする。

家に帰って来て、ブリ大根食べてご機嫌♪ビバダイコン!!

お化粧して、街まで美容室へいく。

めっちゃくちゃ髪の毛へりましたで~
短くは無いけど、今度短くしよかなぁ~ん

ほいでもって、心斎橋でウロウロして、ネイルサロンを見つける。

この前してもらったのがソロソロはげてきていたので、新たにしてもらう。
ラメ、気合入れてやっていただきやんした!!
ニンマリ♪

北浜で後輩と待ち合わせをして、いつものスペインバルへ。

色んな話しをしながらわいわい楽しかったー
病気の話しをしたら
まったく信用していない。
「ちょっと、冗談やとおもってるやろ?!」
っていったら
「うん。だって、LISAさんと結びつかない。病気とか、入院とか」

たしかに、、、
私がそれはよーよーわかっておりますがな、、、

イベリコ豚の舌のソテーとかパエリア、しし唐、菜の花、白いんげんのマリネ
とかいっぱいたべたービバ!!うまし!!
ほいでもってわいんわいんわいん には。
私はこれの為に来てるんです。はい。そのためなのです♪

まずはー『シャルドネじゃないので、おいしい辛口の白ください!』

そんな風にこのお店はワインを注文できるのが好き。
後輩は「ちょっとそれって!そんなんでいいの?!」
なんて言ってたけど、私が「いいねん!ゆーてみ」
というと、
『甘すぎない。ちょっとスイートな白下さい』
と真似する。

笑ってたけど、一個づつ届けられたグラスのワインを飲んで
「おー!!ほんまにポッコスイート(ちょい甘の意)や!!」と感動している。
ちょっと得意げな私(*注:私がすごいのではない。絶対に。。。)

そのあとは、
『では、軽めの赤からスタートで、』
『このちょびっと上の赤』
『重めの赤』
『えー感じの赤』


だんだん慣れてきて、楽しく注文し始める私達。
店員さんも「次はどんな感じで?!」と聞いてくれる。

ワインも、フードの値段も気にしなくても
全てお財布にやさしいーお値段なのです。


立ちながら(スペインのバルは立ち飲みが基本)飲んで、食べて、ほいで笑って、

なんてしてたら

『雪降ってるよ~』
なんていいながらおじさんが入ってきた

「は?!ゆき!!かえれないんちゃう?!」
と後輩に話しをする。

その子は山を2,3個越えなきゃいけない。
越えれなくなる前に、かりましょー

ってことで、今日は22時20分しゅーりょー!

ま、宴会が始まったのが19時過ぎだから
十分といえば、十分です。はい。

私はそこからタクシーでビューンと帰ったので
お家に23時前には着きました。

今日は2日分ぐらいあそびましたよーん
世は満足じゃ!!
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-30 23:10
今日は朝昨日早くに寝たので、さすがに早く目が覚める。
お腹もすいている。実は。。。

昨日買っておいた『ラップランドチーズ』
とやらを食べてみる事にする。
コーヒーに2センチ角ぐらいにして入れて
食べるものらしい。
この地域の、特徴的で、とっても伝統的な食べ物らしい。
そして、その感触はとっても表現しにくいと、
店員さんが言っていたので、とても楽しみ。

早速お湯を沸かして、コーヒーを入れる。
ナイフで切って入れてみる。
そして、食べる。。。。

たしかに、表現しにくい。。。
『モッツァレラチーズを油抜きして、味をなくした物』
こんなかんじ。
甘いって聞いてたけど、大して甘さは感じないなぁ~

これを食べた後、お気に入りのサウナに入る♪
汗をだらだら~っとかいて、きもちよくなってから
腹ごしらえ!!ってことで、朝食会場へ。
もりもり、食べて、
いざ!!アイスホテルへ・・・。

タクシーにて、小一時間。
信号もない道をずーっと進んでいく。
まわりには、野生のトナカイ。もみの木。そして、氷の張った湖。
おんなじような景色なのに、何を観ていても美しい!

ドライバーさんは癖のある英語だったけど、とってもフレンドリー
色々、話しをしてくれる。
私は助手席に座って色々話をする。
これがたのしい
スウェーデンの一般的な生活、食生活とか、

『今は一番いい時期だよ、日も長いからね、
それにちゃんと夜もある。知ってるでしょ?白夜の事。
勿論その逆もあるんだよー一日中真っ暗な日もね。』

『白夜の時どうするの??体の具合悪くならない??』
『そんな事ないよー好きな時におきてね。
なんなら、夜中の1時にゴルフしたりできるんだよーいいでしょ?』

だって、なんかすてき!!


「スノーモービルとかやってみたいのー」なんていうと、
「きっとできるよーあと、フィッシングは?」
「あの、湖に穴空けるやつ?!」
「そうそう、やったらいいよ」
「そんなのするところある??」
「あるよー!!きいてみたらいいよ。
なんなら僕がきいてみてあげるよ!」


とか、そんな話しをていたら、
おまちかね!
今回の旅のメイン!!
12時前『アイスホテル』到着です!

まず、レセプションへ。

あれ??ここは、、、普通。。。
あたりまえである。
普通のところじゃないと困るよね。。。
普通の部屋もあるんだもんね~

ってことで、色々システムを聞く。
首から提げる番号札みたいな物が、お金札なんだよーとか、
サウナは5時以降混浴になるんだよー
とか、アイスバーは1時までだよー←一番大事な情報

で、
「今日はコテージだけど、明日アイスホテルに泊まるでしょ?
この後、1時、3時,5時からアイスホテルツアー
ま、言って見たら、ここでの生活をどんな風にするか、って事を
説明するからきてね。英語とスウェーデン語だけだけど、フリーだからね」

との事、
部屋がまだ一室しか用意できてないとの事だけど、
別にかわまないよ!
ってことで、とりあえず、私達のコテージまで、荷物を運び入れる。
そして、母親達に、ホテルの案内を説明する。
これ、とっても仕事みたい。。。

ま、まずは、、、腹ごしらえ!!
ってことで、昨日スーパーで買ったものを食べる。
とってもウキウキ。ニシンとか、キャビアとか☆

『お酒冷えてないよ』
『あ!雪!!雪入れてたべよ!!』


『ビバ!アイスホテル!!』
と、大興奮で食べる。

う???う???
からい、、、あんまり、、、やね、、、


今までのテンションとはうってかわって、
みんな黙りこくる。。。

おもわず、

『3時のツアーじゃなくて、1時のツアーでアイスホテルめぐりしよ』
と、言う事になる。

ほっとんど食べる事無く、ツアーに参加。

マリアというとっても素敵な女の子が案内してくれる。

私達以外は南アフリカから来たという二人。
それ以外のスウェーデン人はスウェーデン語のツアーに参加。

私達は英語。
母親の友達一人は学生時代、アメリカで小学生に英語を教えて
いたぐらいとってもパーフェクトな英語を話す。
でも通訳とかはあんましてくれないのですわ。。。
私なんかよりすごいのにねー
私は母親に通訳してあげたいのだが、通訳時間をくれないから、
ちょっと困ってしまう。

母親ははっきり「わっからへんわ~」といっている。。。母。。。

寝袋の入り方、寝るときの注意。
サウナの使い方なんかを説明された後、いよいよ!!
アイスホテル入場!!
中は-5度に保たれている。
この時期ダンダン暖かくなり、外気は今3度ぐらいになってしまっている。

ちょっとさむいね~なんていいながら、スウィートルームとかを見る。
あーとってもらぶりー!!
TVでみたとおりだわ!!
でもTVでみる100倍よいかんじ!!!すてき!!!

水よりも透明なんだよ~
とか、
彫刻とか、もー全てがラブリー!!

ほいでもって、遂に!!遂に!!

『アイスバー』

ここに!!ここに私はきたかったのよー!!!

アイスバーにて、マリアさんの説明は終了。

これで帰るなんて帰れません。
勿論飲んで帰ります!!

うきゃー!ちょーらぶりー!!
めっちゃくちゃおいしい!!!

100skrは安くはないけどたかくないわ!

そして飲み終わると
『この氷のグラスまた使えるから、
ちゃんと部屋の外において保管しておいてね。』
との事。

おかわりは80skrで飲めるのです♪

おいしいねーと大満足の後。
お部屋に帰り、

いざ!!!

と、次のアクティビティー!

アイスフィッシングです。

穴を空ける機械と、釣具。
それをフロントでかりる。

アクティビティーの係りのベロニカに
「ガンバッテとってくるからね!!報告まってて!」
なんていいながら、いざ向う!!

氷の上に誰もいない。。


いざ!穴を開けるのだが、全然あかない。

そしたら、

『どうしたの?たすけてあげるよー』
とおじちゃんが登場。
おじちゃんが「かしてみな!」
って感じで、ドリルを使ってあけてみるが、全然氷が削れない。
『これ、刃がダメだね変えなきゃダメだよー
良かったら僕が一緒に行ってあげる。誰かついてくる??』


といわれて、即わたくしドリルを抱え、
スノーモービルの後ろに乗り込んでビューンとレセプションまで向う。
話しをしてみると、キルナでポリスマンとして活躍した後、
犬ぞりのスタッフとして、息子を支えているんだとか
のんびりしている国柄だからか、氷の上に母親達を残しているのに、
おじちゃん、友達を見つけると、いっぱい話をしている。
それも「彼女達うまく穴が開けれないって言うから~」
なんていう話を友達に話しをしている。

その友達は必ず私に向って英語で
『お魚つれるといいね!』といってくれた。

そんなこんなで、母親の元へつくと、
彼は即『みててよ~』
とばかりにドンドン穴を開けていく。

おー!!!!


彼が穴を開けてるのを見て、
彼の友達が「なにしてるの?」なんて又寄ってくる。
彼が、さっきとおんなじ話しをしている。

なんかいい街なんだな~なんて思っちゃう。


『タック(ありがとー)』

と言って彼とお別れ。

その後の私達はご想像の通り、、、、
30分もしないうちにおわりました。

でも、穴開けるのめっちゃくちゃたのしかったよー!!


いったんお部屋に戻り、ディナーはホテルのレストランへ。
とっても、とっても、スローフード。
私はいいんだけど、母親達は体力限界。って感じ。

こんな状態で、アイスホテル明日泊まるのはムリだな~
なんて思った私は、夜、母親とレセプションへ行き
もう一泊ノーマルの部屋が取れないか交渉してみる。
すると、1部屋譲ってくれた!やっほーい!!
値段は安くないけど、スウェーデンの物価の高さを考えると
決して高くない!
ほいでもって、4人やし、ほいでほいでもって、
『2500skr はちょっと高すぎるから、2000skrにしてあげる』
と嬉しい事もいってくれちゃったりする!感謝!!

その話しを母親達にすると大喜び!!
あーこれで、お昼寝も出来るし、荷物の心配もしなくていい!!
よかったよかった!!!

安心した後。夜のアイスバーへ行く。
おいしいね~と母親と話しをしていたら、
スウェーデンの人とかイギリス人とかがいっぱい入って来る。

話しをしてみると、ほんとスウェーデンの人って英語が綺麗。
そして、っても素敵な返しをしてくれる。
私もそんな風にスマートに返しができたいな~
なんて思いながら話をしていると、

オーロラを観に来たらしい。

『え?スウェーデン人なんでしょ???みたことないの??』
『みれないよースウェーデンの僕たちは南の方から来てるからね』
『はぁ~そうなのね。私てっきりスウェーデン全部で見れるとおもってたわ。
だから、アイスホテルを楽しみにきたんだって』
『そんなわけないよ!マイナスの世界ばっかりじゃないんだよー』


なんて会話をしながら、今日の夜は終わっていきます。

そして、今日の夜中に冬時間から、夏時間へ変わって行きます。
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-25 22:56

スウェーデン

母親が時差ぼけでおきてしまったらしく、無駄に朝からがさがさするので
気になって寝れない・・・
「寝とかな体もたへんねんで~添乗員さんの話はちゃんときかなあきまへん!」
とか言ってみても、あまりにも興奮してるみたい。

普通のお客さんもこんなんなんやろうなぁ~って
勉強になった。

朝、ご飯。
スモークサーモンを夢見て、朝食会場へ。
スモークサーモンは無かったけど、
にしんの酢漬けがめっちゃくちゃいっぱい種類あった。
おいしかったー
でも、スペインのバルで食べた半生みたいなやつの方がおいしかった。
パンもそこそこ。

なんて思ってたら、母親達は「パンがおいしい!」と感動している。

私達が海外添乗で食べてるのって大分レベルが上がってきてるんだな~
なんて事も実感した。
フランスのパンもっとおいしいよードイツのとかーおもっちゃった。


そのあと、初真のサウナ体験!
これが、めっちゃくちゃよい!!!
日本みたいに我慢大会じゃなくって、気持がとっても良い。
機械の上に暑くなった石がある。その上に水をジャーっとかける・
そうすると蒸気が発生して、部屋中が暖かくなるって事。
適度に水分もあるから息苦しくも無い。
とってもラブリー
小一時間ぐらいかるーくはいってられる。
ほいでもって、汗もだらだら、ふー快適!
そら、バスタブいらんわ!
なんて思いながらサウナを出る。


その後10時から犬ぞりツアーに・・・。

犬10匹に引かれるそりはかなりのスピードで
湖の上をびゅーんと進む!
折り返し地点まで来ると、一生懸命走ってくれた犬達が
つかれたー!って感じで雪の上にペタッとひっくり返ったり、雪を食べたりして、
クールダウンしている。
これがまた、とっても可愛いくて、お別れには皆とハグハグしました。


その後、又サウナに!
ビールを飲みながらサウナに入るのがこっち風
なんて事を聞いたので、ぜひ!ってことで、やってみる。
本当はアルコール度数の低いビールでやるらしいが、高いのしかなかった。
でも問題ないです。それ下さい。
ってことで、それを片手に、サウナ!ビバ!!
朝よりも汗でるでる。
アルコールってすごいね!

一回お昼寝をする。


その後2時からトナカイそりに・・。
2人づつに分かれてそりに乗る。

「う??こんなもんなん??」みたいに、
スタッフが綱持って、引いてもらうって感じ
「サンタクロース荷物あんなあるのにどないしてるんやろ??」
とかもいろいろ思う。

そんな事思ってたらスタッフが
「そりの後ろにのっていいか?」
と聞いてくる

いいよー
と応える。私は冗談だと思って軽く返す。

「わかってるか?かれの言った事??」
といわれる。
英語で話しをしているから、わかってるかどうかが解らないみたい。

母親は勿論わかってない。

「いいよ、、、」といぶかしがりながらいうと

『びょうびょう!』

といったのと同時にトナカイがものすごい勢いで走り出した!
そして、彼が私の後ろに飛び乗った。

うおー!!!!

私も一緒に『びょうびょう!』
と叫んでみる。
すすめすすめって意味みたい。
よくわからへんけど、いっぱい言ってみる。

出発地点には他のスタッフがトナカイ君たちの餌を
地面み撒き散らして私達の帰りを待っていた。

ものの20分ぐらいで終わったけど、とっても面白かった、

そのあとえさやりとかしながら、トナカイの生態についてとか聞いてみた。

しらなかったけど、あの角。
毎年生え変わるんだって!!
3月末に生え始めて、6.7月には完璧!
ほいでもって、10、11月に木とかにぶつけて、おとすんだって!
ちょっと新しい知識が増えましたわん


ホテルまでの帰りにイエリバーレの町でおろしてもらい、町で、お茶とお買い物。
ケーキとか甘いのかなぁ~なんて思ってたけど、
全然!とってもあっさりしていて、おいしい!!
甘いのあんまり好きじゃない私としてはラブリーでした。
お茶のあと、スーパーへ行って色んな物を買ったり、雑貨屋さんで、カーテンとか
テーブルクロスとか買ってみる。
以外にかわいらしい物があって全部ほしい!!
って気分になっちゃう。
今回は買い物をしないつもりで来たから、カバンに余裕が無い・・・
どうすっぺかなぁ~

夕食はホテルのレストランを勧めてもらい、ちょっとおめかしすることにする。
お化粧してみてびっくり!
今までであんなにファンデーションのノリがよかったの初めて!!

サウナってスゴイ!!
そんな事を思いながら、レストランへ。

日本語メニューがあったしgood
でも食べてみたい物が無かったので頼んでみると、
ちゃんと作ってくれた。

食べてみたかったのは「shiitake」なのです。

そう、椎茸。
スウェーデンで今マッシュルームじゃなくて、椎茸が栽培されているらしい。
乾燥してるのに?
って思うかもしれないけど、鉄鋼の採掘後でつくってるねんてー
ほいでもって、shiitake って名前なのです。

なんかちょっとうれしい気分。

この日はシャンパン、ワインで終了。

22半には眠りにつきました。

え?オーロラ???

大吹雪でみれませーん
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-24 22:38

スウェーデン

初搭乗の、フェンエアーにてまずはヘルシンキへ向います。
飛行機は満席とのことでしたが、それほどでもなく。ラッキー♪

機内では同期とも会えてそれもたのしかったわん。
今回は一回頼んでみたかった
『ベジタリアンフード』
とやらを頼んでみた。
これが、これが、とっても素敵。
美味しくてびっくりした。

母親と「やればできるんやん!ぜんぶこれにしたらいいのに」
とかいっちゃうぐらいおいしかった。

ヘルシンキ着後。1時間ぐらい待機。
ムーミングッツ見たり、サーモンみたりした。


ほいでもってストックホルムへ。約一時間のフライトでした。
私達が乗ってた飛行機は

ヘルシンキ→ストックホルム→マドリッド
へ向うらしい。 ヘンなフライト。

そんな事で、機内ではフィンランド語、スウェーデン語、スペイン語、英語が流される。

ストックホルムは広いけど、広くないって感じの空港。
ゲート内とかは狭いんだけど、外にでたら横に長いって感じ。

チェックインを済まして、2時間。はっきり言ってする事が無い。
なので、ウロウロしたり、帰りに備えて(帰りはストックホルムで6時間あるのだ!)
ロッカー探してみたり、チェックインカウンターに何時にあくかを聞いてみたり、
市内までの電車の場所。チケットの買い方、タイムテーブル。などなど、、、、

ほんとお仕事のようにチェックしてみる。


しかし、昨日まで頭こんにゃくにしてたのと、半月英語使わなかったら、
ホントにスッと出て来ない。
気の効いた事が話せないわけですわ。
無駄にイタリア語が出てきて『ビーノプレファボーレ』
とかゆーてたりとか、『しー』とか言ってる。
アホ丸出しですわなぁ~
あー英語もっとやらあかんなぁ~

そんなこんなで、ドントレットの空港へ。
バスターミナルみたいに小さい空港でした。


そのあと、ホテルへ。
スキー客相手のホテル。ジュニアスイートみたいなお部屋を用意してくれていた。
ゆーても知れてる。

お部屋に入って、皆でさっそくオーロラ観測。
想像以上に寒い!!あほみたいに寒い!
ストックホルム空港で買ったお惣菜でお腹を満たし、
もう一回母親達はチャレンジするが、雲がかかっていたので、私はやんぺ
結局みれる事はありませんでした。
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-23 23:24

いざ!

ほいだば!いってきまぁ~っす♪
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-23 06:54

どーなるかなぁ~ん

今、ちょっくら設定を変えてみた。

アクセス数はかわるのかなぁ~
ちょっと楽しみに♪

とりあえず、
スキンケアしたら寝ます。
明日飛行機で寝れるけどあそばなあかんしねん
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-23 00:00

やったー!!!

米米クラブ再結成!!!

いやぁ~
こんな嬉しい事は無い!おう!おへん!!

私は中学の時から大好きで、22歳ぐらいまでてっぺいちゃんの
追っかけをしていたのよ!

ま、そのあとは、ポルノグラフィティへながれたのですが、、、

高校の卒業式の前の日に夜行列車で最終コンサート観にいったなぁ~

あー私の青春。。。


そんな事を考えるとかならず!かならず行かなくてはなりません!!

復活コンサートチケットとれるかなぁ~
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-22 23:10

ほーそうきたか!

9時ごろ起きて、だらだらぁ~んってしながら
準備をして、ホテルを後にする。

友達とバイバイして、私は病院へ。

この前の首辺りの細胞検査の結果を聞きに行く。

11時の予約の私は、12時過ぎについている。

ホンマ、職業なんや?!


で、診察室に呼ばれて先生の前に座ると

「実はね、結果が良くないんです。」

とな!

内心「大丈夫やろ~」っておもってたし。
半年前の検査では問題なかったから
問題なしって思ってたからちょっと動揺する。

「手術が必要なんですね~」とのこと。


はぁ~そうですかぁ~


「手術いつします?」


と、子供が縄跳びを一緒にするのを誘うぐらいかるぅ~く言われて
なんか拍子ぬけというか、自分の動揺が一体何なのかわからなる。

とりあえず、、、4月の仕事を替えれるかを、、、あとは5月も、、、
早いほうがいいんでしょうか?



そーやね~そんなに進行の早いところではないし、
急がなくてもいいけど、若いし、ほっといても良いとはいえないなぁ~



そういわれて会社に電話する。
課長がいなかったので、とりあえず検査の日程とかを決める。


検査しようって前に会社に電話をもう一回する。
なにせ、今1ヶ月もながぁ~い
『頭をこんにゃくにしましょう』お休みを貰っているので、
あんまり迷惑かけたくないのです。


課長はとっても機嫌のよい感じで電話に出てくださった。

は~い。どうしたの?

「あの~、手術をしなくてはいけなくなりまして」

「は?だれが?」

「いや、私です。」

「は!?!へ?!なんで?!」



そんな会話をしながら、なぜか課長は

「言われた時びっくりした?」とか
「やっぱり若くても検査はちゃんとしとかないとね~」

とか言ってた。

いやいや、検査してたから見つかったんですがな!


「で。本題なのですが、仕事ははずしていただけるのでしょうか?
進行も早し置いててもいいみたいなんですけど、
いつかは手術しなくちゃいけないそうです。
なので出来れば、早く処置してしまいたいんです。
4月のお仕事変更は可能ですか??」

はじめは、色々考えて、「この仕事がね~」なんて話しをしていたけど、
なんか急に我に返った感じに

「そんなんいれていれて、もう予約しちゃって良いわよ。私が何とかするから」
と、課長

「すいません、おねがいします。」

「あ~びっくりした」

「びっくりさせてすいません。よろしくおねがいします。」


と、電話を切った。

はぁ~仕事はずしてくれるとなると、なんかちょっと気が楽になった。
何時からお仕事できるんかなぁ~
なんて事も考えて見たりした。


レントゲン検査とか、尿検査、血液、心電図、


レントゲン室で順番待ってるときに友達にメールで
この事を伝えると、スグに電話かかってきた。

「どーいうこと!?」

「いや、ま、そういうことですがな~」


なんて話しをする。

なんかまわりの人が思いの他反応が早く、そして、
私以上にびっくりしたり、してくれていて、それにびっくり、
ちょっと落ち込んでたのがスグ立ち直れました。ありがとう。


病気の事言われた時不安が無いといえばうそになるけどね。


『ふ~んそういう事やったのか』って感じ。


そういうって、どういう?!
ってなるかもしれないけど、
ホンマにそんな気分。


そんな事考えながら、地下の食堂でざる蕎麦を食べる。
母親から電話。


手術の日を決めたりした事をめっちゃ怒ってる。

「なんでそんなん勝手に決めるの!切るねんよ!!」

「でも、もう決めたしな~4月17日に入院するから」

「は?!なんて!来月やないの!!なんでー」

「ほんで、整形外科の先生もついてくれるから、縫い目綺麗にしてくれるって」

「は?!なにそれ!!なんでそんな急なんよ!!」

「先生が早いにこした事ないって言うし、
手術跡だって出来るだけ早くしたほうがのこらへんやん」



そんな会話がされてたけど、

家帰ってから話ししよ。

そう言って電話を切った。


周りの人が結構びっくりしてくれてるので、
自分がどんどん醒めていってるのが良く解る。



手術日とかが決まったので改めて会社の上司に電話する。


なんかとってもやさしく対応してくれた。
とりあえず、手術が終わってからまた次いつから出られるかどうか、、、
って事でOKがもらえたのです。
忙しい時期にすいません。ありがとうございます。
これで、気楽に過ごせます。


500対1ぐらいの自分がちょっと不安って言ってる。
でも500の自分は「大丈夫なんじゃない?」って言ってる。
第三者ともいえないような感じでみている自分と、
とっても自分の自分が居る。複雑。


『運がむいてきたんだよ!』

って仙人が言ってくれてたし、大丈夫とおもうんだ。


ま、とりあえず、中耳炎なおそー!おぉー!!


そんな私は明日からオーロラを観にスウェーデンに行ってきます!
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-22 16:27

ぱじゃまぱーてー

今日はさすがに、ちーとばかし二日酔い。
だからお昼ぐらいまでお水のんでぼーっとする。
私の肝臓がんばってます!

肝臓がんばってくれたお陰で、12時には復活!!

そうこうしてたら、野球の決勝戦がはじまりましたー

手に汗握る闘いの末!
日本勝利!!

やりました~ちょっとウルウルしてしまいましたわ。

素晴らしい闘いでした。


あんまり感動しすぎて、今日友達との約束に遅れそうになる。

アタフタ用意をしていたら、はい。失敗!
駅まで送ってもらってる最中に、お薬を忘れる。
そして、鍵もわすれる。

もーこんにゃく生活しすぎたのかな。。。


17時には行くつもりが、19時すぎてたし、、、
私の職業は一体なんでしたか??


朝に
「今日はめっさおめかししていくから!」

ってメールがあったから、
何きるかなぁ~なんて考えて、ワンピースきて、ピンヒール履きましたがな!

ほいでもって、素敵なホテルにチェックインだけして、即お食事へ。

イタリアンおいしかったー
で、ワインリストを見ていて、ついついフルボトルを頼みそうになる。
あかんあかん。友達のまれへん。。。

てなことで、グラスでお上品に飲んで今日は終了。

その後、1年ぐらい前にベロンベロンのときに行って面白かった
マジックバーに行きたかったので、そこに行く。

テーブルでマジックいっぱいしてくれる。
ドンドンしておくれーって感じでめっちゃ楽しかった。

「なんで?!どうなってるの?!」

ばっかり言ってる友達。ほいで、マジシャンに

「それはいえませんよ」

とかわされる、

そんな会話が何回あったことか!
その都度大笑いしてしまった。

で、おちついて、
今日はイイお部屋を取ったので、ご機嫌でお部屋に入ると、、、、

これ、普通のツインやん。

と、ちょっと残念。

でもお風呂はバブルシステムがついていたので、
バブルバス用のジェルを入れてモコモコにする。

とてつもなく泡が出てきて、泡におぼれそうになる。
たのしくってそれを2回もして大満喫♪

ぱじゃまぱーてーは、
朝方の5時ぐらいまで続きました。
[PR]
by dita_lisa | 2006-03-21 22:47